帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチンについて

谷村皮フ科では、帯状疱疹に適用のある2種類のワクチンを取り扱っています。『乾燥弱毒性水痘ワクチン』は、1987年に水痘(水ぼうそう)ワクチンとして認可され、2016年に帯状疱疹にも適用が拡大されました。『シングリックス』は2020年1月に帯状疱疹専用の予防接種として認可されたものです。国外では公費扱いにもされている予防成績の優れたワクチンです。それぞれに長所、短所がありますので、比較表を参考にご検討ください。

帯状疱疹ワクチンの比較表

乾燥弱毒生水痘ワクチンシングリックス
ワクチンの種類生ワクチン不活化ワクチン
帯状疱疹発生抑制効果51.3%50歳以上 97.2% 70歳以上 89.8%
帯状疱疹後神経痛抑制効果66.5%50歳以上100% 70歳以上85.5%
接種方法/回数皮下注射/1回筋肉注射/2回
接種間隔接種から2か月後に2回目の接種を行う。
適応年齢50歳以上50歳以上
費用6600円(税込み)22000円(税込み)
持続期間8年10年以上
長所費用が安い。 1回の接種でいい。予防効果が高い。 免疫が低下している人にも使用できる。
短所予防効果が落ちる。 免疫が低下している人には使用できない。値段が高い。 接種回数が2回。 副反応が強い。
副反応接種部位の痛み、腫脹、発赤接種部位の痛み、腫脹、発赤、筋肉痛、頭痛

帯状疱疹ワクチンのよくあるご質問

コロナワクチンと一緒に打てますか?

コロナワクチン接種後2週間あければ接種可能です。