# イボとは?

「イボ」は、皮膚から盛り上がっている小さなできもの一般を指す俗語です。イボと一言に言っても「水いぼ」、「性のイボ」、「ウイルスによるイボ」など数種類があります。最も普通の「イボ」は「ウイルスが感染してできるイボ」で、専語でウイルス性疣贅と呼ばれるものです。

# イボの治療

イボの治療には以下のようなものがあります。

# 当院で行っている治療

  • ヨクイニン内服
  • 液体窒素治療
  • スピール膏貼付

# 当院で行っていない治療

  • ブレオマイシン局所注射(保険適応外)
  • 5-FU軟膏塗布(保険適応外)
  • レーザー焼灼(保険適応外)

# イボについてよくある質問

# イボはどうしてできるのですか?

イボは、ヒト乳頭腫ウイルス(human papillomavirus:HPV)と言うウイルスの一種が皮膚に感染してできます。ウイルスは、正常の健康な皮膚には感染できないと考えられているのですが、小さな傷などがあるとそこから皮膚に入り込んで感染してイボをつくると考えられています。外傷を受けることの多い手足や外陰部に、あるいはアトピー性皮膚炎の子供たどの特に引っ掻くことの多い肘・膝窩にイボができ易いのはこのためです。

# イボはうつるのですか?

イボは、もちろん「うつる」可能性を秘めています。しかし、私たちの皮膚や粘膜は様々のバリアー機構でウイルス菌などの感染から守られており、正常の皮膚や粘膜には通常感染しにくいと考えられます。ただし、皮膚や粘膜に小さい傷がでいたり、免疫力が何らかの理由で低下すると、イボができ易かったり、ひどくなったり、治りにくくなることが知られています。特別な場合ではなくても、手あれや髭剃りなどに伴う眼に見えないくらいの小さな傷からも侵入しますので要注意です。

# イボの治療はどうするのですか?

イボの治療は、特効薬や特効的治療法はありません。皮膚科医もとても苦労しているのが正直なところでイボの種類や発生部位などが患者さんよって違いますから、それぞれの患者さんに最も適していると思われるものを選択します。どの治療法を用いても、多くの場合一回の治療で治すことは難しく、何回か繰り返してやっと治るのが普通だうことも知っておいて欲しいと思います。「自分のイボだけが治り難いのでは?」と、焦らないことも大切です。イボ地蔵にお参りするだけで治ってしまうこともあります。「これで治る!」と信じることで、免疫力が上がると考えられています。イボは治りにくく再発することも多い病気ですが、必ず治ることを信じて、あまり神経質にならないことが大切です。

大阪府寝屋川市香里南之町20-8
📞072-832-0333