# とびひについてのQ&A

# とびひとはどのような病気ですか?

とびひは俗名で、正式な病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。細菌による皮膚の感染症です。ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌と略します)などが原因菌です。接触によってうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と呼ばれるようになりました。あせも・虫刺され・湿疹などをひっかいたり、転んでできた傷に二次感染を起してとびひになります。また、鼻孔の入り口には様々な細菌が常在しているため、幼児・小児で鼻を触るくせがあると、鼻の周囲からとびひが始まったり、その手であせもや虫刺されなどをひっかくことでとびひになってしまいます。

# とびひに種類があるといわれますが、どのような種類ですか?

とびひはだいたい2種類に分けられます。1つはみずぶくれができて、びらんをつくることが多い水疱性膿痂疹、もう1つは炎症が強く、かさぶたが厚く付いた痂皮性膿痂疹があります。

# 水疱性膿痂疹の症状はどのような状態ですか?

掻き壊したびらんのまわりに小さなみずぶくれが出来て、さらにそのまわりが赤くなってきます。水疱内は、はじめは透明ですが、次第に膿疱(みずぶくれの中に膿が入っている)化します。水疱や膿疱は簡単に破れて、びらんをつくります。水疱内容液や浸出液(びらん面からしみ出て来る液)によってその周囲へと増えて、広がって行きます。

# 水疱性膿痂疹の治療は、実際にはどうするのですか?

とびひの多くがこの水疱性膿痂疹です。フシジン酸ナトリウム、テトラサイクリン系またはニューキノロン系抗菌薬の軟膏を塗って全体をガーゼで覆います。1日に1~2回取り替えます。水疱は小さなものは潰しませんが、大きな水疱はその内容液が周囲に付着しないように排出させます。  ごく軽い場合は外用で済みますが、通常は抗菌薬の内服を併用します。セフェム系抗生物質を用います。  とびひは痒みが強いので、抗ヒスタミン薬の内服をしてもらってかきむしらないように、病変の広がるのを押さえてあげることも大切です。

# 痂皮性膿痂疹の原因は何ですか?

痂皮性膿痂疹の原因菌は溶連菌の一種のA群β溶血性連鎖球菌です。痂皮性膿痂疹はアトピー性皮膚炎などに合併することが多く、急速に発症します。季節には余り関係なく、小児より成人に多く見られます。

# 痂皮性膿痂疹の皮膚症状はどのような状態ですか?

赤く腫れた所に、小さな膿疱が生じ、びらんとなり、さらにそこに厚い痂皮ができます。炎症が強く、疼痛を伴います。発熱、リンパ節腫脹、時に咽頭痛などの全身症状を呈することもあります。重症になると菌が産生する毒素によって全身が真っ赤になってしまう場合があります。

# 痂皮性膿痂疹の治療は、実際はどうするのですか?

溶連菌による場合は、ペニシリン系抗生物質に感受性があるため、第一にペニシリン系またはセフェム系を使用します。内服、または症状が重症な場合は点滴注射で、全身投与をする必要があります。外用はアミノグリコシド系抗生物質にはほとんど感受性がないため、外用はエリスロマイシン軟膏など感受性のある抗菌薬を用います。  なお、溶連菌の重症感染では、腎障害の合併がまれに見られるため、尿中蛋白のチェックが必要です。

# とびひの予防はどうしたらよいですか?

特に夏は入浴し、皮膚を清潔にしましょう。とびひを発症させてしまった場合も、発熱などの全身症状がない限り、入浴させ、泡だてたせっけんで病変部をそっと丁寧に洗い流します。ただし、兄弟姉妹がいる場合は、ほかの子ども達のあとで入浴させるほうがよいでしょう。入浴後は、滲出液などが周囲に接触しないように、患部に軟膏の外用、ガーゼなどの保護処置が必要です。  鼻の下から発症する膿痂疹をしばしば見ますが、鼻孔からはいってすぐのところはブドウ球菌などの細菌の温床で、常在菌としてもブドウ球菌が証明されることもあります。小児には鼻孔に指を突っ込まないように指導します。  手洗いの励行、爪を短く切り、かきむしって皮膚に傷つけたりしないようにさせることが大切です。

# 洗ってもいいのですか? せっけんを使ってもいいですか?

病変部は洗ってかまいません。せっけんももちろん使ってかまいません。せっけんを泡立てて、そっと洗います。入浴をさせることは、病変部を清潔にするには必要ですが、湯ぶねに入らず、シャワーがよいでしょう。

# プールへ行ったり、水泳をしてもよいですか?

自分の病変を悪化させたり、他人にうつす恐れがありますので、プールや水泳は完全に治るまでは禁止です。

# とびひは子どもだけですか? おとなもなりますか?

通常は子どもに好発しますが、まれにおとなもとびひになります。 痂皮性膿痂疹は年齢に関係なく発症しがちですが、水疱性膿痂疹もまれに成人に生じます。特に高齢者は皮膚が薄く、傷つきやすく、バリア機能が低下しているため、細菌に感染しやすいです。高齢者では水疱性類天疱瘡など水疱形成疾患との鑑別を必要とする場合もあります。疑わしい場合は、病変部の細菌培養をしたり、時には皮膚病変の生検が必要な場合もあります。

# 幼稚園・保育園、学校は行ってもいいですか?

伝染性膿痂疹は学校保健安全法という法律の中で「学校感染症、第三種(その他の感染症)」として扱われます。ほかの園児・学童にうつす可能性があるため、基本的には、医師にみてもらって、治療して、病変部をガーゼや包帯できちんと覆って露出していなければ、登校・登園許可を得られます。しかし、病変が多発していたり、広範囲の場合は休ませるほうがよいでしょう。

大阪府寝屋川市香里南之町20-8
📞072-832-0333